2014年9月アーカイブ

太りたくない時の便秘解消法

無理なダイエットをしていると、しばしば便秘になることがあります。この理由として、単純に食事量を落とすだけでは普段おなかの中に入ってくる量が違ったり、栄養が偏った食事がおなかに運ばれてくることで、排便のリズムが崩れることに原因があります。

特に女性は、便を押し出すだめの腹筋が弱かったり、男女の骨盤の形の違いからうまく圧力をかけることができないという理由で便秘になる人が多いと言われています。

便秘を解消する方法として、腹筋を鍛えるのもひとつの手でありますが、便秘になってしまった後に即効性のある手段として使える方法は、S字結腸をマッサージすることです。

S字結腸とは、おへその左下にある部位で、便秘になったあとにさわると硬くなっているのでわかります。ここを下に押し出すようにおなかの上から両手で圧力をかけると、スムーズに排便ができます。

また、便秘には食物繊維をとることが良いとされていますが、既に便秘になってしまった後から食物繊維が豊富なものを食べてもおなかが膨らんで苦しさがアップするだけの可能性があるので注意が必要です。

以上により、ダイエットによる便秘は一度なると大変なので、最初から一気に食事量を減らすのではなく、普段している食事を減らした分キャベツや海藻、きのこなど、食物繊維がたっぷりととれる食材を選んで、きちんと計画性のあるダイエットをしましょう。

そして、脂肪分もきちんととることで排便がスムーズになるので、ダイエット中は適度に脂肪分をとることを心がけましょう。

体重を増やしたくないという体重がオーバー気味の妊婦さんの場合も、便秘は太りやすくなってしまいますし、むくみも起こりやすくなりますから便秘対策はしておくほうがよいですよ。