太りたくない時の便秘解消法

無理なダイエットをしていると、しばしば便秘になることがあります。この理由として、単純に食事量を落とすだけでは普段おなかの中に入ってくる量が違ったり、栄養が偏った食事がおなかに運ばれてくることで、排便のリズムが崩れることに原因があります。

特に女性は、便を押し出すだめの腹筋が弱かったり、男女の骨盤の形の違いからうまく圧力をかけることができないという理由で便秘になる人が多いと言われています。

便秘を解消する方法として、腹筋を鍛えるのもひとつの手でありますが、便秘になってしまった後に即効性のある手段として使える方法は、S字結腸をマッサージすることです。

S字結腸とは、おへその左下にある部位で、便秘になったあとにさわると硬くなっているのでわかります。ここを下に押し出すようにおなかの上から両手で圧力をかけると、スムーズに排便ができます。

また、便秘には食物繊維をとることが良いとされていますが、既に便秘になってしまった後から食物繊維が豊富なものを食べてもおなかが膨らんで苦しさがアップするだけの可能性があるので注意が必要です。

以上により、ダイエットによる便秘は一度なると大変なので、最初から一気に食事量を減らすのではなく、普段している食事を減らした分キャベツや海藻、きのこなど、食物繊維がたっぷりととれる食材を選んで、きちんと計画性のあるダイエットをしましょう。

そして、脂肪分もきちんととることで排便がスムーズになるので、ダイエット中は適度に脂肪分をとることを心がけましょう。出典/痩せるサプリ

体重を増やしたくないという体重がオーバー気味の妊婦さんの場合も、便秘は太りやすくなってしまいますし、むくみも起こりやすくなりますから便秘対策はしておくほうがよいですよ。

便秘をなるべく食べ物で治す!

2014y03m11d_170532059.jpgずーっともともと便秘ぎみで、気がついたら5日くらい出ていなかったということがたびたびありました。
ですが、それによって体調が悪くなることがあまりなかったので、あまり危機感はありませんでしたし、便秘に対する知識もありませんでした。
ですが、ある日テレビを観ていたら、便秘だと体臭がくさくなるとか、体に良くないといっていたのでちょっとどうにかしたほうがいいのかな?と思い始めるようになり。
改善方法も同時に説明していたので、やってみることにしました。
自覚なく人に臭いなんて思われていたらショックですし...。
まず、便通の良くなる食べ物を食べるようにしました。私自身あまり薬に頼らずに改善したいタイプだったので。
サツマイモはもともと好きだったので、よく食べるようにしました。
チンして食べることが多かったですね、調理は面倒だったので。
食物繊維が豊富、とは知っていましたが、そこまで効果を感じたことはありません。
なのでほかにもヨーグルトや腸にいいとのことで大根を食べる機会を増やしました。
そして、私は全く運動しないタイプで、それも良くないといっていたのですが、どうにも運動する気にはなれず...。
ですが食べ物だけで改善するかわからなかったので、とりあえず体の冷えを減らしたほうがいいのかなと思い、外ではホッカイロ、家では腹巻...など、とにかく温めるようにはしていました。
そうすると、ばらつきはありますが連日便が出ることもありました!
3日出なかったりとかもまだありますが、ましになって嬉しいかぎりです。

一応、リンゴ酢を飲んでます

私は物心ついた時から便秘でした。中学、高校と年重ねるごとにひどくなっていく便秘に悩まされていました。
母も私の便秘を心配して、便秘に効くと聞いたものはすべて実践してきました。
朝ごはんにヨーグルトや、ご飯前にリンゴを擦った物を食べるといいと聞くと、毎食用意してくれていましたがそれも効果はありませんでした。
でも母もひどい便秘だったのですがいつの間にか治っていたので、私は、治ったキッカケを思いだしてほしいとお願いしました。
すると、リンゴ酢を飲みだしてから便秘が治ったという事がわかりました。
さっそく買ってきて飲んでみると、次に日にはドッサリ、スッキリ!
すごい効果力にびっくりしました。それから毎日リンゴ酢を飲むようにしています。
私が飲んでいるリンゴ酢は原液で飲むともっと効果があるみたいですが、まだ酢の味に慣れていないので酸っぱさが苦手で水で薄めています。
もし効果が薄れてきたら原液に挑戦しようかなと思っています。
私は双子ですが、片方は便秘なんてことはなく、むしろ快便すぎるくらいでした。
毎日同じものを食べていてどうしてこんな違うのかと思いました。
妹は私より10キロ程体重が多く、ぽっちゃりしているせいか、常に体温が高め、私は冷え性ですぐに寒がってしまいます。
そこで体温を上げたら違うのかと思って腹巻をしてみたり靴下を厚くしたりと身体が温まるようにしてきました。
その効果もあると思います。なんだか腸の動きがよくなったみたいなんです。
しばらくはこの方法で様子をみていきたいと思います。

恐るべし!ストレス性便秘

2014y03m11d_165907366.jpg去年の4月頃から突然便秘になりました。それまでお通じは1日に1回以上は必ずある快便体質だったので、急な事態に驚き慌てました。
食生活を見なおしてみましたが、肉も野菜も食べる生活ですし、牛乳だって毎日飲んでいます。
便秘に良いと評判のダノンも始めましたが全く改善されません。クセになったら怖いからと敬遠していた便秘薬も飲んでみました。
確かにすっきりはするのですが、一体いつお通じが来るか解らないのが不安で、すぐに止めてしまいました。
おなかをマッサージしたり湯冷ましを飲んだりと、便秘に良いとされるあらゆることを試しましたが、一向に以前のような快便体質に戻る気配はありません。
しかし、意外な展開で私の便秘は解消したのです。それは、離職でした。
父親が倒れてしまったため、1年半ほど勤めていた会社を転居のため退職したのです。
人間関係は良好で、むしろ辞めたくないと思っていたほどの職場だったのですが、確かに緊張感を以って臨まなければならない職種ではありました。
離職して数日後、自然なお通じの感覚が下腹に訪れました。翌日も、翌々日も、スムーズなお通じでした。
突然お通じが元通りになり、私は嬉しい気持ちでいっぱいになりました。でも、そんなに私、ストレスを感じていたかしら......?
ある日、転居のための手続きで書類を作成していました。
そのとき、ふと、自分が下腹に力を少し込めてしまっていることに気付いたのです。
ようやく便秘になってしまった原因が解りました。
私は緊張すると、こうして丁度お通じを止めてしまうような形で力んでしまい、それが長く続いたせいで便秘になってしまったのです。
ストレスの大小ではなく、自分の身体のクセであることがわかりほっとしました。
今は、便秘かな?と思ったら、自分の身体が力んでいないかどうか、注意を配り、快適な生活を送っています。

便秘の原因と解消法について

benpitoire.jpg世の中の社会人の人の多くが便秘の症状を持っているとの調査結果が出ています。

便秘は現代人にとって機っても切り離せない身体症状の一つです。

便秘は特に大人の女性に多い身体症状と言われ、多くの成人女性が便秘の症状を抱えて苦しんでいるという報告が上がってきています。

そんな便秘とは、一体何が原因となって発生するのでしょうか。

便秘の原因は様々有り、これが便秘の原因と特定する事は難しいのですが、確実に便秘の原因となりやすい要素としては睡眠不足や不規則な生活、不規則な食事、野菜の摂取が少ない食生活、慢性的な運動不足、そしてストレスなどが便秘の原因となる因子として有名です。

これらの便秘になりやすい原因を排除、または改善していく事によって便秘を解消出来るケースは少なくありません。

それ程、これら上記に挙げた事象は便秘になる原因となっているのです。とくに和式のトイレだとつらい妊婦さんなどは早く解消したいものです。

他にも便秘に有効な手段としては、トイレで便を排出する時の姿勢の改善を挙げる事が出来ます。

こういったお通じが毎日来ないという方の多くは排便時の姿勢が悪い方も多く、その事が便を適切に排出出来ない原因となっています。

これを改善するには、排便時にいきむ時にしっかりと背筋を伸ばして腰を立て、身体を真っ直ぐにして腸が便を押し出す力を助けてあげる体勢を取る事が重要です。


ベンピにきく?ヨーグルトとバナナ

便秘は癖になるととても頑固です。日ごろから規則正しい食事と運動を心がけることで解消されることは間違いないのですが、なかなかそれを実行するとなると続かないのです。
私自身もそうでしたが、これだけは十数年続けてこれたということをご紹介します。
とても簡単なことですが、朝食の時にヨーグルトとバナナは欠かしたことがありません。
ヨーグルトには乳酸菌が含まれています。バナナはオリゴ糖が含まれています。
このどちらも腸に直接届いて整腸作用を促す働きがあります。
シンプルですが、この2つを摂取してみて下さい。毎朝の食事の時、デザートとして摂取してもいいのではないでしょうか。
朝は抜きという方、忙しくて食べる時間がないという方でもヨーグルトとバナナくらいは口に運ぶことはできるはずです。
本当にこの2つの食材で腸を動かす働きは大きく変わります。腸を動かすことはとても大事です。
これに連動して少し歩くことも同じことが言えます。足を動かす、歩くことは腸が活発になるので効果はあります。
便秘を解消したいと思えば、最低この3つをあるいは食材の2つを取り入れて実行してみてください。
1週間もすれば腸が改善されて習慣のようになるはずです。
そして、しばらく続けていれば摂取しなくてもよくなるくらいになるはずです。

便秘でコロコロ・・・でした

便秘解消法については沢山指南されていますが、
それぞれの方法は、中々説得力があります。
でも原因と対処法を考えたほうが良いと思います。

私も長年便秘症に悩んできましたが、
便秘になった原因について考えると、その時々で違うように思います。
ある時は、コロコロとした便が詰まっていることがあるし、
ある時は、軟便なんだけれど腸の動きが悪いがために出てこないとことがあるしで、
その時々の身体の調子によって、便秘の状況も変わりますね。

ですので、以前自分の便秘解消に役立った方法が、
逆に今の便秘をさらに悪くしているという時もあるように思います。

最近便秘が酷くなった時に、一生懸命食物繊維を食べていました。
つまり繊維質を沢山とって蠕動運動を活発にさせようという目論見です。
でも一向に改善されませんでした。
それに段々と悪化するような感じすらありました。

そんな時に、食物繊維の摂り過ぎで逆に便秘症になってしまうという記事を読みました。
その記事によれば、そんな時は油分を摂ることを忘れないほうが良いようなことが書いてあり、
また、別の記事で、オリーブオイルのオレイン酸は消化されず大腸まで届くようなことが書いてありました。

油分をとるというのは、便の滑りを良くすることなのです。
それで早速、オリーブオイルを色々な料理にかけ回して2日ほど頂きました。
そうしたら、見事に詰まっていた便が滑るように沢山出てきました。

便の解消法は色々ですが、その原因を考えてから対処法をとらないといけないですね。